×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 







死に行く雨と、閉ざす糸。



















濁った空から雨が降る。
しとしと、しとしと幾筋も。
竹林の中、降るそれを、女はひたすら見つめ続けた。

「風邪を引く」

背後からかかるその声に、ゆるりとかぶりを振ったのち、小さく女は応えを返す。

「もう少し、…もう少しだけ、居たいのです、」

せめて、貴方が行くまでは。

対する男は驚いて、ほんの僅かに目を瞠る。
しかし即座にその顔を消し去って、そうかと一つ、頷いた。
…初めて聞いた、女の異を、なるたけ汲もうと思ったのだ。

「…有難う御座います」

これで、貴方を見送れる、嬉しそうに微笑んで、女はつぃっと瞼を伏せる。
静かに落ちる、雨の音。
飲み込まれる景色。
再び目を開ければ、また。
何時も通りの生活が、傍らで蜷局を蒔いている。

「もう、ゆく。…無理はするなよ、身体に触る」
「…はい」

ゆっくりと遠ざかる背を見つめ、つかの間の幸せを噛み締める。
あれ程に、焦がれた男と。
…自分は、夫婦になったのだ。なんと、幸せなことだろう。
身に余る僥倖に、僅かに身体を震わせる。

「-きっと。…きっと、必ずや。貴方の御子を、生みまする」

死に行く集落を護り行く、何よりも強い跡継ぎを。
彼の人の悲願でもある「嗣ぎの子」を。
自分は必ず生んでみせる。例え、身体が持たずとも。

「-そのためには、この身など。今更、惜しくあるものか」

決意を胸に据えたれば、がさりと茂みの動く音。

「…蛇か、」

現れたのは、白い蛇。赤く光る眼で一心に、此方を睨み据えている。

「蛇よ、神の使いなら。…この命諸共引き替えに、あの方の願いを叶えておくれ」

縋るように呟いて、女は部屋へと引き返す。
もともと身体が弱いのだ。
暫くは寝込んでしまうだろう。


女の姿を見送って、蛇が姿を消した後。
降り注ぐ雨は止むことなく。
ひたすら世界を沈めていった。